ディノスシネマズBLOG

2016.11.30「羊たちの沈黙」(1991年:アメリカ)

テーマ:映画コラム

世界中を本当の恐怖の底に落とし込んだ
サスペンス・スリラーの傑作中の傑作!
ジョディ・フォスターの美しさと
アンソニー・ホプキンスの恐ろしさが
この映画を本物の怖さで包み込む!!!

アメリカ各地で女性が殺害され皮を剥がれて
河に流されるという連続猟奇殺人事件が発生した。
犯人は“バッファロー・ビル”と呼ばれ、世間を震撼させていた。
この事件の捜査にあたっていたのが
FBI行動科学課のクロフォード主任捜査官(スコット・グレン)。
彼はFBIアカデミーの実習生クラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)を招聘し、
事件解明のため厳重管理の元収監されている
元精神科医で非人道的超凶悪犯ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)への
捜査協力を求めて面会する。
クラリスを見下し真剣に答えようとしなかったレクターだが
クラリスの過去と引き換えにバッファロー・ビルについて情報を話し出す。
レクターの情報をもとに動き出すクラリス。
少しづつ解明されていく「点」しかし、決定的な答えを話さないレクター。
そんな中上院議員の娘がバッファロー・ビルに誘拐され事件が発生する。
上院議員はレクターに取引条件を提示して
バッファロー・ビル逮捕につながる情報を聞き出すことに成功する。
捜査を進めるクロフォード主任捜査官とクラリス。
本当の情報なのかレクターの罠なのか?
取引に応じて警備のゆるくなった監獄に移送されたレクターは隙きを突いて残忍な脱獄を図る・・・。
果たしてバッファロー・ビルは捕まるのか?ハンニバル・レクターはどこに向かったのか?

こんなに大ヒットしたサイコサスペンス・スリラー映画って他にありません!
序盤から描かれる人間の本当の恐ろしさは描写というよりは
アンソニーホプキンスの内面からにじみ出るような恐怖に
見始めるとスクリーンの前から離れられなくなってしまいます。
このレクター博士にはモデルが有るらしいのですが
リアルだと思うと背筋が凍りつく思いです。
しかもこの映画の暗闇と曇り空の怖さも案外凄いです。
是非一人で観て頂きたい作品です。

感動はここから始まる
ディノスシネマズ
http://cinema.sugai-dinos.jp
(MASA)
#SDエンターテイメント #羊たちの沈黙 #ジョディフォスター #アンソニーホプキンス #スコットグレン