ディノスシネマズBLOG

2017.02.08「プリティ・ウーマン」(1990年:アメリカ)

テーマ:映画コラム

リチャード・ギアがステキ!
ジュリア・ロバーツがキャワイイ!
非の打ち所がない映画って・・・これ♪
ラブコメのこんな傑作二度とない☆
そしてキュートなジュリア・ロバーツの大出世作♪

企業買収を仕事とする実業家エドワード(リチャード・ギア)は
パーティーの最中に恋人から電話で別れを告げられます。
その夜、乗り慣れないマニュアルシフトのロータスエスプリで
ビバリーヒルズに向かおうとするも
結局、乗りこなすのが難しくハリウッドの街中で車を止め、
近づいてきたコールガールのビビアン(ジュリア・ロバーツ)に頼むと
ビビアンは軽快に運転をこなし
ビバリーヒルズのエドワードが泊まるホテルまで過激に乗り付けます。
恋人と別れた寂しさもありビビアンを部屋に誘い入れ夜をともに・・・
その後洗面所でコソコソしているビビアンを見つけたエドワードは
彼女がドラッグを使っていると思い怒りますが
彼女はデンタルフロスでいちごの種を取り除いていただけでした。
そんなビビアン可愛い姿を見たエドワードは
一週間自分のアシスタントをしないか?と提案しそれを受けたビビアン。
しかし、身なりもエドワードとは不釣り合いなビビアンは
お店の前で止められてしまいます。
そんなビビアンを高級ブランドのお店に連れていき
次々ドレスや靴を調達するエドワード。
誰もが振り返る淑女に変身したビビアンでしたが、
エドワードの取り巻きや彼の仕事内容そして住む世界の違いに困惑して行くのでした・・・。

誰もが確実に感動するラブコメの傑作中の傑作【プリティ・ウーマン】
見た人それぞれに自分の大好きなシーンが別れるところですが、
僕が一番キュンキュンするシーンは・・・
いっぱいありすぎて困ってしまいますが・・・
やっぱりジュリア・ロバーツの可愛さが溢れ出る名シーン!
エドワードがが宝石の入った箱を開けて
中をビビアンに見せるシーン!
ビビアンが感動して手を伸ばそうとするところを
「パコンッ」て蓋を閉じで手が挟まりそうになるシーン!!!
ビックリして手を引っ込めて眼を大きく開けて
大きな口で大笑いするところは彼女らしさ全開の可愛さです。
そんなラブコメの金字塔!バレンタイン前に観てみてはいかが?

感動はここからはじまる!
ディノスシネマズ
⇒http://cinema.sugai-dinos.jp
(MASA)
#SDエンターテイメント #プリティウーマン #リチャードギア #ジュリアロバーツ