ディノスシネマズBLOG

2018.05.03「スパイ・レジェンド」(2014年:アメリカ)

テーマ:映画コラム

007シリーズのあの男が
一味違うスパイキャラで登場だ!
恋人との悲しい死をきっかけに
ロシア大統領の陰謀へと巻き込まれることに・・・。

現役引退後、穏やかにスイスでカフェを経営している
かつては「ノヴェンバーマン」というコードネームで
恐れられていた元CIA敏腕諜報員ピーター(ピアーズ・ブロスナン)の下に
元同僚のハンリーが現れモスクワの殺し屋アレクサが
ロシア次期大統領の過去を知る諜報員を次々に殺害し
次のターゲットが元同僚のナタリアだと告げに来たのです。
その頃危険を察知していた
ナタリアは時期ロシア大統領の側近として潜入し
彼の過去を知る女性の情報を得るのですが
その情報をCIAにリークする代わりに
ロシアからの脱出をCIAに要請し
その任務をピーターがつとめることになりました。
しかし、救出の最中
ピーターの目の前でナタリアは殺されてしまいます。
実は彼女の殺害を命じたのはCIAで
その実行を指示したのが
ピーターの教え子でもあったデヴィットでした。
彼は過去に作戦で少年を巻きもんでしまったことで
ピーターから落第の判定をもらっていたことを恨んでいました。
ピーターは怒りに震え復讐と陰謀を暴くことに動き出すのでした。

歴史的スパイ映画の金字塔007シリーズの
ピアーズ・ブロスナンが
全く異なったスパイ映画ヒーローとして
何者かの陰謀を暴き復讐をしていく
「スパイ・レジェンド」
007シリーズでかなりキャラを刷り込まれている
我々ですがこの映画・・・凄いのが
全くかぶった感じを持たずに
ストーリーに引き込んでしまうのです。
誰が味方か全く検討もつかなくなってしまう
ストーリーの巧みさと
少し年を取っていてもやっぱりいい男な
ピアーズ・ブロスナンの名演が楽しめる映画です☆

感動はここから始まる
ディノスシネマズ
http://cinema.sugai-dinos.jp
(MASA)
#SDエンターテイメント #スパイレジェンド #ピアーズブロスナン